top of page

ラウンドネットの発祥と歴史

更新日:2023年3月8日

【ラウンドネット(スパイクボール)の発祥】

ラウンドネットの歴史は意外と古く、1989年アメリカにて、Microsoft社の社員であったクリス・ルーダー氏によって作り出されました。今までにない独創的な発想と、ユニークな戦術で1990年代、2000年代と着実に全米で人気を獲得していきました。


そして2008年、クリス・ルーダー氏がCEOを務めるスパイクボール(SPIKE BALL)社がスパイクボールセットを発売。(ラウンドネットのプレイセットのご購入はこちらから🏃‍♂️

組み立ての工程がとてもシンプルで、①丸型のフレームを繋げる、②そのフレームにネットを固定するという2つの手順で完成させることができます。また、スパイクボールセットは一つの袋にまとめることができ、小さめのリュックとして背負うことができる形で開発されました。

スパイクボールセットが、持ち運びと準備が手軽にできるように開発されたことにより、

「いつでも・どこでも・誰でも」参加できるスポーツとして爆発的に競技人口を増やす要因になりました。



【日本国内でのラウンドネット】

日本では誰が最初に始めたのか、また、いつから行われているのか正確な情報はありません。

しかしプレーヤー同士の会話から、2014年〜2015年辺りに海外のスポーツを知る人達や来日した外国人達によって、最初にプレーされたのではないかと予想されています。


日本における最初の大会は、2020年8月29日(土)でした。

東京都立代々木公園で行われた、ラウンドネットジャパン主催「第一回全日本ラウンドネット選手権」です。(全6チーム)

この大会をきっかけとし年に4回、国際ラウンドネット協会(International Roundnet Federation)の規定に基づき全国大会が開催されています。



【日本ラウンドネット界とラウンドネット湘南】

ラウンドネット湘南は、佐藤太と鳴海によって発足されました。

2020年12月、東京ビックサイトにて行われた「スポルテック」に来場した佐藤が、スパイクボールセットを見つけたことがきっかけとなります。

地元の友人である鳴海に声をかけ、初めはさいたま新都心公園の朝のエクササイズの一環として行なっておりました。ラウンドネット、フリスビー、ストレッチなどを行う地元仲間のサークルでしたが、2021年4月に鳴海の移住をきっかけに、活動拠点を湘南(江ノ島・鵠沼海岸)に移します。

スポーツ仲間であった藤田、小澤を誘い、2021年4月3日「ラウンドネット湘南」をスタートさせました。



ビーチで行うようになったことで、多くの方の目に付く機会が増えました。

それに伴い、認知度やお問合せを頂く機会も増え、日本のラウンドネットチームとしては最大級のメンバーが在籍するチームとなりました。

現在ではお問合せ内容は多岐に渡り、練習の参加以外にも、ラウンドネット体験会やラウンドネット出前授業などのお問合せも頂いております。


2021年10月に「ラウンドネット体験会」、2021年12月に「ラウンドネット出前授業」、そして2022年2月に「ラウンドネットビーチ大会」を国内で初めて行いました。企業や教育機関に初めてラウンドネットを提供したチームとしての実績が評価され、2022年3月からは、文部科学省スポーツ庁公認チームとして活動しています。また、日本ラウンドネット協会であるラウンドネットジャパンの運営も2022年10月より行っております。(代表理事+理事2名をラウンドネット湘南メンバーが務める)


【第一回ラウンドネット世界大会の開催】

2022年9月、世界で初めてとなるラウンドネット世界大会がベルギーにて開催されました。

出場国はIRF(国際ラウンドネット協会)公認の33カ国。世界中からラウンドネット(スパイクボール)のファン、そしてプレーヤーが集まり、白熱した大会となりました!

ラウンドネット湘南からも日本代表として複数名の選手が出場。世界のプレーヤーと交流を深める機会になった反面、世界との距離も痛感。日本代表として出場した経験を糧に、日本ラウンドネット界の発展と進歩に繋げていければと思います。

優勝国は、世界ランク1位アメリカ。男女でのアベック優勝となりました。ラウンドネット発祥の国として、他を寄せ付けない、圧巻の優勝でした!


【ラウンドネットってなーに?】

ラウンドネット(通称:スパイクボール)はアメリカ🇺🇸発祥のスポーツです💫

2対2の4人で行い、4人の中央に置いた直径1メートル程のネットにボールを打ち合うスポーツです。自分のチームがネットにバウンドさせたボールを、相手チームが3回のタッチ以内にネットに返球できなければ得点になるというシンプルなルールです。コートの概念がなく、360°全てがフィールドの次世代型NEWスポーツ。スポーツ選手や芸能人の方にも楽しまれており、世界では「スパイクボール(spikeball)」とも呼ばれ大流行中。


追記

YOUTUBEにてSixTONESさん、Fischer’sさんがやっていた「スパイクボール(spikeball)」と全く同じスポーツです!

やってみたいと思った方へ↓

体験会スケジュール出張授業のお問合せはメニューにてご確認できます😁

NEWスポーツを体験し、ぜひ日本代表、そしてオリンピックを目指しましょう!

ご連絡お待ちしております。

閲覧数:99回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page