top of page
メインビュー

​ラウンドネット(スパイクボール)とは?​

ラウンドネット(スパイクボール)とは、2対2の4人で行い、4人の中央に置いた直径1メートル程のネットにボールを打ち合うスポーツです。自分のチームがネットにバウンドさせたボールを、相手チームが3回のタッチ以内にネットに返球できなければ得点になるというシンプルなルールです。

​ラウンドネットの発祥と歴史

1989年

​アメリカで誕生

1989年アメリカ(イリノイ州・シカゴ)にて、Microsoft社の社員であったクリス・ルーダー氏が開発。今までにない独創的な発想と、ユニークな戦術で1990年代、2000年代と全米で人気を獲得。

2008年

​スパイクボールセット発売

クリス・ルーダー氏がCEOを務めるスパイクボール(SPIKE BALL)社がスパイクボールセットを発売。

2014年

​日本上陸?

日本では誰が最初に始めたのか、また、いつから行われているのか正確な情報はありません。

しかしプレーヤー同士の会話から、2014年〜2015年辺りに海外のスポーツを知る人達や来日した外国人達によって、最初にプレーされたのではないかと予想されています。

2020年

​日本で初めての大会が開催される

2020年8月29日(土)日本で初めてのラウンドネットの大会、

ラウンドネットジャパン主催「第一回全日本ラウンドネット選手権」が開催される。

2021年

​ラウンドネット湘南の設立

東京ビックサイトにて行われた「スポルテック」に来場した佐藤が、スパイクボールセットを発見。

地元の友人である鳴海に声をかけ、2021年4月3日「ラウンドネット湘南」をスタート。

​2022年

​第一回ラウンドネット世界大会が開催される

​2022年9月、ベルギーにてラウンドネットの世界大会が開催された。出場国はIRF(国際ラウンドネット協会)公認の33カ国、優勝国は世界ランク1位・アメリカであった。

681C63A5-7722-4E0B-BBAB-B5A608F7CE3A.jpeg

​ラウンドネットの魅力​

今世界で競技人口が増え続けている、ラウンドネット(スパイクボール)の魅力をご存知でしょうか?日本代表候補の”GENTA SEKINE”がラウンドネットの魅力を解説します。

​ラウンドネット日本代表インタビュー

ラウンドネット湘南に所属する日本代表メンバーに

ラウンドネット(スパイクボール)の魅力を聞いてみました!

LINE_ALBUM_20221009_221010.jpg

​日本代表を目指すには?

ラウンドネット(スパイクボール)で日本代表を目指してみませんか?

​新しいことに挑戦したい!熱くなるものを見つけたい!という方はぜひ。

ランドネット湘南メンバーと共に、世界と戦いましょう!

3BFFB392-0EEF-43E7-BA31-390C20A38273_edited_edited_edited.png


オリンピックへの道
~Road To Olympic ~

94451EED-57DB-4A6F-A6E6-125C1285CA34.jpeg

​ラウンドネットイベント情報

​ラウンドネット湘南 OR ラウンドネットジャパンのイベント情報です。

ご興味のあるイベントがございましたらお問合せよりご連絡ください。

2023年3月
27
28
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
bottom of page