top of page

ラウンドネット日本(ラウンドネットジャパン)代表理事インタビュー

更新日:3 日前

【佐藤太一】

過去のスポーツ歴

サッカー(ゴールキーパー)9年間

陸上競技(ハンマー投)7年間

【ラウンドネット(スパイクボール)との出会い】

2020年12月に参加した「スポルテック」にてスパイクボールセットを購入したことがきっかけです。

仕事以外でも燃えるものを見つけたいなと思い色々と模索している期間でした。仕事の合間に参加したスポルテックで、「まだ誰も知らないスポーツ」として紹介されました。

(サボっているわけではなく、営業先の最寄駅でたまたま開催されていたのです。笑)

ルールを聞いたらものすごくシンプルで覚えやすい、にも関わらず白熱さも兼ね備えているこのスポーツに、【絶対流行る】という直感がありました。

その場で一つ購入し、地元の友人である鳴海を誘ったのが始まりです。

【実現したいこと】

47都道府県に一つずつ地域クラブを創設したいです。

興味を持った方が、どこでも誰でもラウンドネット(スパイクボール)ができる環境を作りたいと思います。

体験会や出前授業を行う度に皆様からは「楽しかった」、「もっとやりたい」という感想を頂きます。しかし、せっかく楽しいと感想を頂けても2度目ができる環境があまりないという現状があります。

自らの行動で皆様と実際にプレーするだけでなく、SNSやメディアでの露出を増やし目に付く機会も積極的に増やしていきたいと思います。

また、子供たちのスポーツパフォーマンスのトレーニングにとても良いスポーツだと感じますので、出前授業や児童施設などに取り入れてもらう活動もしていきたいです。



【ご覧頂けている皆様に一言】

手軽にどこでもできる面白いスポーツです!

ボールを追いかけているだけで楽しかった、あの青春時代を思い出したい方はぜひ!

体験会スケジュール出張授業のお問合せはメニューにてご確認できます😁

ご連絡お待ちしております。


【ラウンドネットってなーに?】

ラウンドネット(通称:スパイクボール)はアメリカ🇺🇸発祥のスポーツです💫

2対2の4人で行い、4人の中央に置いた直径1メートル程のネットにボールを打ち合うスポーツです。自分のチームがネットにバウンドさせたボールを、相手チームが3回のタッチ以内にネットに返球できなければ得点になるというシンプルなルールです。コートの概念がなく、360°全てがフィールドの次世代型NEWスポーツ。スポーツ選手や芸能人の方にも楽しまれており、世界では「スパイクボール(spikeball)」とも呼ばれ大流行中。


閲覧数:97回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page